家族全員が満足できるリフォームをするには?心構えと注意点

>

今はよくてものちのち大丈夫?後悔しない個室のリフォーム

このコラムをシェアする

子ども部屋のリフォームは成長を考慮

かわいい壁紙にしたりおもちゃの収納スペースを作ったり、子ども部屋のリフォームは夢があり想像するだけで楽しくなります。しかし、子どもが小さいからといって親の好みをただ押し付けるのは良いリフォームとは言えません。

子ども部屋のリフォームで配慮しなければならないのは、子どもの心身の成長です。小さいうちはよくても、思春期に入ると子どもにとって過ごしにくい部屋になる恐れもあります。それを防ぐためには、フレキシブルに機能調整できる部屋が理想的です。小さいうちは複数の兄弟で使っていた部屋を年齢が上がったら区切って個々のプライバシーを尊重するなど、方法は色々あります。

リフォームは何度もするとお金がかかってしまいますので、子どもをどのように育てていきたいかを十分に考えた内容にしましょう。

来たるべき時に備える寝室リフォーム

大人用の寝室は、プライベート空間なだけに自分の好みをふんだんに盛り込んだリフォームを望む人が多いです。誰もが気持ちよく眠りにつくための様々な工夫を施した、落ち着きのある空間を理想に掲げます。

子どもと同様、大人も年を重ねていくと変化が現れます。ただし大人の場合は成長というよりも身体の衰えであり、老後の寝室での過ごし方は当然視野に入れておくべきです。若いうちはピンとこなくても、やがて訪れる老いに対応できるよう、早いうちにバリアフリーにしておくなどの対策はしておくに越したことはありません。

介護なんてまだまだ先の話と思っていても、急な病気やケガなど何があるかわかりません。寝室は休むだけではなく安静にする場所でもあると考えたうえで、もしもの場合に備えたリフォームにするのが賢明です。