家族全員が満足できるリフォームをするには?心構えと注意点

>

リフォームが家族をつなぐ!全員で作るライフスタイル

このコラムをシェアする

家族が過ごしやすいリビングを目指す

家族団欒の場であるリビングは、特に壁の汚れや床の傷などの劣化が目立つ場所でもあります。家族の意見をなるべく取り入れて、皆がくつろげるスペースにしたいものです。

リビングを広々と快適に使うためには、家具のレイアウトなどをリフォーム前にしっかりとイメージしておくのが重要です。コンセントの位置や数、あるいはストーブや床暖房の設置場所などは、リフォーム後の全体バランスに大きく影響します。壁紙や床材のデザインにこだわる前に、まずは機能的な生活を優先して考えると後悔せずにすみます。

心地良さを追求し計算しつくされたリビングは、それだけで洗練されつつ落ち着いた雰囲気を醸し出します。家族の笑い声が絶えないあたたかみのあるリビングにリフォームするには何が最善なのか、家族でよく話し合いましょう。

ダイニングキッチンは動線とバランス

最近はリビングとダイニングキッチンが一体化している間取りが主流ですが、来客の際に食事中の家族が気を遣わなくてすむなどのメリットもあり、ダイニングキッチンは現在も根強い人気があります。

ダイニングキッチンをリフォームする際の注意点は、何といってもキッチンとダイニングのバランスです。キッチン部分を充実させるとダイニングの場所が取られてしまうし、ダイニングを大きくするとキッチンが手狭になり作業しにくくなります。また、手入れのしやすさや冷蔵庫や電子レンジなど家電の配置場所にも考慮が必要です。

ダイニングキッチンは料理を作る側と食べる側両方の希望を聞いて、双方が納得のいく動線をシミュレーションしたうえでリフォームをすすめましょう。